ライフプランの立て方

幸せな未来のために!正しいライフプランの作り方をお教えします!

そもそもライフプランってなんだろう?

ライフプランを作成することで得られるものがあります。 1つは、自分や家族の今後の生活の見通しが立てられ、リスク回避の対策が立てられることです。 それと、今家計の収支で抱えている問題を明確にすることができます。 これらについて、詳しくご説明しましょう。

実際にライフプランを作成する方法

ライフプランを作ろう!と思ったら、まず何から始めればいいのでしょうか? まず始めに、自分と家族の今後の目標について話し合うことが必要です。 それを基に表を作ります。 それから、今現在、そして将来的な家計の収支について考えていきましょう。 具体的なやり方について、ご紹介します。

人生における2大支出について知ろう

人生において、かかる費用の中でもかなりのウェイトを占めるものがあります。 まず1つ目は、退職後のセカンドライフにかかる費用です。 そして2つ目が、子供の教育にかかる費用です。 これらがそれぞれどれくらい必要になるのかについて詳しくご説明しましょう。

ライフプランを作成するメリットについておさえよう

子供1人当たり1,000万円の教育費がかかる、老後夫婦2人で生活するには2,000万円が必要、とニュースやインターネットで見聞きして、不安を覚えたことはありませんか?
自分はこれらの資金をきちんと準備できるのか、その不安を軽減できる方法が、ライフプランの作成です。

人生の中には、就職や結婚、出産、住宅購入や退職など、様々なライフイベントが存在します。
そのライフイベントごとにどのくらいのお金が必要になるかを考え、自分の収支バランスや貯蓄ペースを見直しそのお金を準備する計画を立てながら、人生設計することを、ライフプランと言います。

ライフプランの作成に最適な時期は、人生で3つあると言われています。
1つ目が結婚・出産を控えたタイミングです。
結婚・出産によって家族が増えれば当然必要になるお金も増えます。
また、将来的に必要なお金を準備するためには、配偶者の働き方について考えるのも大切です。
何より、夫婦で一緒にライフプランを考えることで、夫婦間で将来の夢を考え同じ目標を持つきっかけになります。

2つ目は住宅購入前です。
住宅購入の際、多くの人が住宅ローンの借り入れを検討しますが、このタイミングでライフプランを作ることで、借り入れ時点での返済プランに無理がないかはもちろんのこと、子供の大学進学時や自分の退職時に、住宅ローンの返済が大きな負担にならないかを確認できます。
すでに住宅ローンを借りている人でも、借り入れ金利の変動が今後の家計の収支にどう影響するか、また繰り上げ返済が可能かどうかを判断する目安になります。

3つ目はセカンドライフに備える頃です。
退職後の生活に不安を感じる人も多いでしょう。
そんな時、退職後の働き方や公的年金の支給額等をベースにして老後の収支を考えてみましょう。
そうすることで、老後にどれくらいの資金が必要か、それに向けてこれからどれくらいのペースで貯蓄すべきかが分かります。

おすすめリンク

念仏宗は意外とグローバル?

開祖はどんな人でどんなことをした?世界の仏教と念仏宗、寺院の建物からその関係を感じ取ろう。

無宗教の私が念仏宗の教えを聞いてみた!

全くの無宗教である私が念仏宗の教えを聞いてみました!分かりやすいし感謝の大切さがわかったかも?

ペルシャ絨毯は奥深い

高価なイメージのペルシャ絨毯ですが現地では用途に合わせるなど様々な利用法があるのです。